読売新聞 12月12日朝刊(タブロイド紙)に掲載されました。

こんにちは。吉岡です。
先日の日曜日、読売新聞社さんに取材をしていただきました。
そもそも坂本さんの取材だったのですが、坂本さんの強いプッシュが実りウルシックスも便乗取材をさせていただきました(笑)

11月最後の日曜日、なかなか日程の合わないウルシックスメンバーが集まれたのがこの日でした(それでも3人ですが・・・)。
落ち着いた午後に取材を受けさせていただいたのですが、トークタイムは森8割、吉岡と坂本さんで残り2割と言った感じでした。この日も森の独壇場でしたね(笑)
それでも無事に取材を終えることができました。(もちろん予定時間の倍以上掛かってます)ありがとうございました。

さて、本日の読売新聞朝刊のタブロイド誌に活字となりました。
読売タブロイド-141212大袈裟(?)ではなく、上手くまとめられており、とても読みやすかったです。勉強になります!
このままウルシックスの紹介文として使いたいところですが、さすがにそれは・・・なので、エッセンスを頂きたいと思います!

取材中にライターの方が「漆は来年来ますよ。」と仰っておられたのが気になってて、そう思う部分もあるし、そうでない部分もあったりするので、嬉しくも恐い思いでしたが、一過性のブームというのではなく、漆の良さを再発見・再編成し、地味にお伝えできるよう頑張らねばと思いました。
記事中にも来年初頭とありますので、先ずはwebサイトのスタートに向けて頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です