漆の万華鏡&カレイドスコープ

正月明け早々の今日、
ウルシックスの紅一点、漆原さんがなんとも珍しい漆作品を持ってきてくれました。


「梅文 万華鏡」&「梅文 カレイドスコープ」。

漆に梅の花をあしらった風流な作品です。そして・・・思わず、くるくるとしてしまいました。久々に万華鏡を使いましたが、楽しいですね。安定感のある重みと、漆の手触りが心地いいです。

(写真で見ると、着物をきて見るとより絵になりそうですね。)

もし、現物を見てみたい。という方は、ラスク堂にございますので是非お声がけください。販売も予定しています。

漆原さんの梅シリーズは他にも椀などがあって、どれもなんともいえない可愛さがあります。他の梅作品もご紹介していきたいと思います(^^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)