漆原製 テレイドスコープが戻ってきた。

漆原さん作のテレイドスコープとカレイドスコープのうち、テレイドスコープだけ店に帰ってまいりました。
店まで見に来られた方、大変申し訳ありませんでした。
一つだけですが、お店にございますのでお声掛けいただければご覧いただけます。

小さな穴から覗くと万華鏡の世界です。

試しにスマホで撮影してみました。
覗き穴とスマホのカメラが上手く合わさらないとケラレてしまうので、両方を上手く掴みながらの撮影は少し異様でした。
長いレンズって感じです。
(そういえば、カメラのボディを漆塗りってのが昔あったな〜)

店内を撮影してみました。

肉眼で見たほうがもっとキレイなんですが、漆原さん本人曰く「ガラス玉がいまいちなのでもっといい玉で作りたい〜」とのこと。テレイドスコープとしてはいまいちだそうです。同様のことを万華鏡作家さんにも言われたそうな(笑)

まぁ、それはそうだとしてもそんなに普段使うものではないので、実用度は遊びでも良いかな〜、それよりも筒の部分の漆塗りが素敵だし、なんだかドームになってるしで、飾っているだけも可愛いです。

皆様、是非御覧ください〜♪
お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です