テントに撥水処理しました。

昨日の雨ですっかり水浸しのテントを乾かすついでに、前々からやりたかった撥水スプレーをやってみました。


どれほどのものかわかりませんが、これからの季節やっておいて損はないだろうと思います。

よく使っているテントは2.5mサイズのもので、ちょっと古いタイプなのですが、フレームが折れたりはしていないので、まだまだ使っています。ネジが緩んだり脚の連結部が外れたりはあるのですが、簡単に直せる範囲なので助かっています。


写真真ん中あたりが撥水スプレーを吹き付けた箇所です。水玉になっているのでハッキリわかります。
サッと一吹きなので簡単です。


車の窓用の撥水処理もやってみました。
水が流れるので、効果はあると思いますが、塗るのが大変ですね。撥水スプレーの方が簡単です。

青い2.5mタイプにはスプレー1缶まるまると、2本目を少し使いました。
このテントは天井が持ち上がって(風抜けだと思います)、15cmほどの空間があるのですが、そこから雨が入ってくるのが難点なんです。ちょうど真ん中に雨が入ってくるので、色々濡れます。
テント選びは難しいですね。

実はもう一つ2mの赤色テントがあるのですが、使用頻度が低くまだまだ新品時の撥水効果が残っていますが、生地の縫い目から水が入ってくるので、縫い目に撥水スプレーしました。
雨の量で変わると思いますが、なんとなく安心です。

各種イベントなど、ほぼ毎週使っていますから、たまにはメンテしてやらんといかんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です