金継ぎ・丸皿 代用金仕上げ(横浜市T様)

こんにちは。
店主の吉岡です。

今日は台風21号が四国上陸とあって、店の外は横殴りの大雨です^^;
店はお休みにしようと思っていましたが、荷物が来るのと水やりに来ました。
一応外に(屋根の下)盆栽たちを出してみたのですが、案の定苔玉が2つほど落ちました。
一つは無事、もう一つの松の土が欠けて先程直したところです。

さて、金継ぎのお客様に許可を頂いたので記念すべき第2段いきます!!

今回は、遠方の神奈川県横浜市のお客様のカッコいい丸皿です。

先ずは、仕上がりから。

真っ青で、重厚感(実際重厚)のあるしっかりしたお皿です。
何を盛っても存在感がすごいです。
釉薬と表面の凸凹が反射して色が変わるオシャレなお皿。うーんカッコいい!

お届け後にお礼のメールを頂きました。
大変気に入っていただけたようで本当にありがたいです。

ご結婚のときに友人から対で頂いたものだそうで、大変気に入ってお使いだったそうですが、不注意で割れてしまったそうです。
使っていればこういったことは起こるので致し方なしです。
しかしながら、一年ほど前にご自身で金継ぎセットをご購入し修復されたそうです。その際にご自身の思ったようには出来なかったそうなので、私どものもとへ託されました。(何という緊張感!!)
当初、ご自身でされた旨お伺いしておりましたが、届いたお皿を拝見させていただいた際、お皿の厚みが分厚かったので、金継ぎ初心者向けでないことは一目瞭然でした。
ここはプロの腕の見せ所ということで、少し時間はかかりましたが、以前された修復の跡をしっかり取り除き、強めの接着を施しました。
重みのあるお皿の金継ぎは難しく、大皿の割れなどは鎹(かすがい)で止めないと持ちません。
割れたところを持って歩いてると、ボテッとお皿が落ちるなんてことはよくあることです。テーブルに置いた途端また割れたとか。割れ方もありますが、ある程度大きい(8寸とか)サイズになるとたちまち修復が困難になります。もっともその大きさになると強度保持のため、小さいものに比べて分厚くなりますし。(圧倒的な存在感はたまらんですけどね)

さて、修復前です。

土のカッコよさが抜群のお皿です。
割れも縁のみなので中心部まで行かず、何を盛るにも金継ぎが邪魔をすることは無いでしょう。
サイズは図ってないのでわかりませんが、8寸ぐらいだったと思います。
8寸皿ってちょっと大きいですが、一家に一枚は必要ですよね〜♪
どうせならこういうカッコいいのが欲しいです。
磁器皿はあるけど、土ものが急に欲しくなりました(ボソ)

しっかりお使いになられるということで、今回も代用金で仕上げております。レンジもOKです。
K様、遠慮なくお使いください。
この度は誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です