【ラスクpick up】秋には「さぬき金時いもラスク」を!

さぬき金時いも

秋の味覚といえば、お芋ですが、

瀬戸内ラスクにも「さぬき金時いも」を使ったラスクがあります。
年間通じて人気があるのですが、
特にこの季節はよく売れますね〜。

さぬき金時いも
さぬき金時いもラスク

「さぬき金時いもラスクは」野菜を使ったラスク。

名前の通り、香川県坂出市で作っているさつまいも
「さぬき金時いも」を使ってます。

かつて塩田だった坂出の畑で作られるサツマイモで、
塩がミネラルとして溶け込んでいるために
とっても甘く育つと言われています。

さつまいもといえば鳴門金時いもが有名ですが、
さぬき金時いもは同じ品種で、
実は先につくられていたのはさぬき金時芋だそうです。

そのお芋をパウダーにし、ラスクに焼き込んだのが

さぬき金時いもラスクです

お芋からパウダーを作っているせいか、
あっさりとした自然な甘みで、後味もスッキリしてます。
食パン生地にサツマイモ、
まさに、カリッとした「芋パン」といった感じで
合わないわけない組み合わせです。

個人的には耳の部分が好きです。(^o^)

食パンラスクは専用食パン生地を3日かけて3度焼いてじっくり水分を飛ばしているので
とてもサクッとした食感になります。

是非、一度食べてみてくださいね。

とは言いながら・・・
大変申し訳ないのですが、
只今、大変品薄状態になっておりますが、
明日から、どんどん焼けてくる予定ですので
どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)