瀬戸内ラスク堂とは
瀬戸内ラスクは、スタンダードな食パンタイプと驚くほどかる~いカステラタイプ。
食パンタイプ、カステラタイプ、どちらもラスク専用に生地を焼き、その生地を焼いて焼いて焼いてラスクにしています。

食パンラスクは3度焼き。カステララスクは4度焼き。食パンラスク
食パンタイプの甘いラスク【天使のラスク】とおつまみタイプの【小悪魔のラスク】は、ともに専用の角食パンで出来ており、3度焼きで3日かけて焼きあがります。

同じく【カステララスク】は専用生地を4日かけて4度焼き、焼きあがります。

なぜ、3日も4日もかけているかー。
フランスパンに比べ気泡が少なく詰まった生地の食パン、カステラをサクサク食感のラスクにするため、時間をかけて水分を取り除く必要があるためです。

食パン、カステラ生地は、フランスパンに比べきめ細やかなため、ラスクにした時も口当たりが優しくなります。また、パンの甘みが残るのも食パンタイプの特徴で、この甘味を感じてもらえるよう甘さは控えめに仕上げています。


【カステララスク 6種類】※アレルギー:卵・小麦・乳
ラスク専用カステラ生地を4日かけて4度焼いて出来ました。
“さくっ、しゅわっ”と溶けるような食感が特徴のとても軽やかなラスクです。

カステララスク6種類


【天使のラスク 8種類】※アレルギー:卵(チョコのみ)・小麦・乳
ラスク専用食パン生地を3日かけて3度焼いて(時期などにより、4度焼く場合もある)出来ました。
“ザクっ”と、しっかりとした歯ごたえですが中はサクサクしています。甘さ控えめで、後に各フレーバーの風味が広がる楽しいラスクです。


【小悪魔のラスク 4種類】※アレルギー:小麦・乳
ラスク専用食パン生地を3日かけて3度焼いて(時期などにより、4度焼く場合もある)出来ました。まったく甘くないおつまみ系のラスクとなっております。

瀬戸内ラスク堂の食パンラスク、小悪魔のラスク種類

 

 


【瀬戸内ラスク堂 Yahoo!店】には各ラスクの詳しい情報がございます。